Romantic?

It's Realistic.

報われぬ恋

その最初がいつだったのかはよく覚えていませんが、遅くとも中学2年の頃には簡単な洋書を読んでいました。小さな頃から英語に強い興味があり、その延長上でそんな趣味が生まれたように思います。もちろん日本語の小説を読む頻度の方が圧倒的に多かったですし、変に誇示していると思われたくもなかったので、家の中でしか洋書は読みませんでしたが…。「英語で書かれた本を読む」ということがバレてしまったら、クラスで浮いてしまうのではないかという心配をしていたほどでした。

高校に入ると、周りの友人のレベルもそれなりに高かったということもあり、洋書を読んでいるクラスメイトがいました。そこで初めて他人と外国文学について話す機会が生まれました。その際に知った作家が、William Somerset Maugham (日本語では「ウィリアム サマセット モーム」の表記が一般的)です。読み始めたらいっぺんにハマってしまい、今に至ります。

さて、モームには多くの名言があります。今日はその中の有名な一つを紹介しましょう。

The love that lasts the longest is the love that is never returned.

「最も長く続く love は、報われることのない love である」(筆者訳)

--A Writer's Notebook (1946)

これがどういう意味か、ということが本題です。この一文だけを見る限り、私は2通りの解釈の仕方ができるのではないかと思います。これが、love を日本語に直さなかった理由でもあります。

もう一つの解釈は次回に預けるとして、今回は「片想い」という観点で考えていきましょう。

 

The love that lasts the longest is the love that is never returned.

「最も長く続く愛は、報われることのない恋である」(筆者訳)

一見、矛盾しているように見えます。

さて、読者の皆さんは、恋をしたことはありますか。おそらく、恋をするときには多くの人が片想いから始まるはずです。そして、自分の気持ちを相手に伝えたいと思うことでしょう。それは全て、相手にも自分を好きになってほしいからです。そう、報われる恋を求めて。

そしていつか、勇気を出して告白するときが来たとします。そこでOKをもらえれば最高ですね。でも、必ずしもそうとは限りません。「ごめんね…」ということもありうるわけです。そのとき、あなたの恋はぷつりと切れてしまうかもしれません。たとえ自分の気持ちを諦められないとしても、そのどこかに傷がついてしまうでしょう。そして、このように思うのです。「片想いのままなら、ずっと好きでいられたのに」。

 

もちろん、報われた恋はその後も続きます。しかし、恋に限らずとも、始まったものには必ずいつか終わりが来てしまうものです。それは2人の心が離れてしまうことかもしれませんし、一方が亡くなってしまうことによるものかもしれません。

一方で、片想いには終わりがありません。いずれ片想いの気持ちが薄れてゆくとしても、その過程には、好き合っているときに感じるような痛みを伴わないはずです。

両想いの終わりを氷が突然割れることに例えるならば、片想いの消滅は水の蒸発とでも言えるかもしれません。ふと気づいたときに見えなくなっているものは、たいがい形を変えてどこかにあるものです。それは確かに恋とは呼べない形かもしれないけれど、その後もずっと続く気持ちであるはずです。

その意味でも、「報われない恋が最も長く続く」のでしょう。しかし、長く続く恋が最善であるとはモームは言っていませんし、私もそうは思いません。恋は人に夢を見せる一方で、時に人を縛って動けなくするものでもあります。

もちろん、互いに好きであり続けるのなら、永遠に続くことに越したことはないのですが、殊に片想いにはどこかで自ら区切りをつけなくてはならないと思います。コップの水の蒸発を待つのではなくて、古い水を排水口に捨てて新鮮な水を入れることで、新たな味を知ることができるかもしれないのです。